株式会社ニシノコンサルのその後-3ヶ月-

電柱広告のキムラです。

 

今回は『株式会社ニシノコンサルのその後-3ヶ月-』についてのお話です。

f:id:dentyukoukokuman:20190316003202j:plain

12月14日の放送から3ヶ月が経過しました。

3ヶ月間の中で、成功(できたこと)、失敗した(わかったこと)、野望(やりたいこと)をまとめます。

 

・成功(できたこと)

Twitterの運用。

→発信内容として記念日小ネタ、営業エリア、デザインアンケートなど。またお問合せ窓口として、型が出来てきました。

 

案件のストーリー化。

→お問合せ、課題、電柱選定、デザインアンケートなど設置までの過程をストーリー化してTwitterやブログで発信の流れが出来てきました。

 

会社お問合せの増加。

→ホームページのアクセス数の増加とお問合せが増加しています。キムラTwitterからホームページへの導線が出来てきました。

 

 

・失敗(わかったこと)

Instagramを活用出来ていない。

→電柱広告アーカイブとして、質と量のバランスが取れていません。

 

スピード感が減速している。

→案件数増加に伴い、案件のスピード感が損なわれています。

 

発信力が足りない。

→担当するメリットになれるだけの圧倒的発信力が不足しています。

 

 

・野望(やりたいこと)

他エリアの代理店さんとの関係強化。

→業界の横の繋がりを作り、仲間を増やし業界を盛り上げていきます。

 

周りを勝たせる。

→他ニシノコンサル出演者を勝たせていきます。特にまんこい川崎さん、ごまどうふ大島さんのお二人です。

 

 

成功(できたこと)が増えていく反面、失敗(わかったこと)も増えてしまい葛藤しています。

まだまだ満足出来ないですし、物足りなさしかありません。

現状打破の解決策はひとつしかなく、今より動く他ありません。

もっと動いて「電柱広告を拡める」「電柱広告の価値を上げる」ことに注力していきたいと思います。

 

最後に、

温めている企画が多数あります。

電柱広告の企画も、それ以外の企画も幅広いものです。

4月から解禁していくので楽しみにしていて下さい。

 

電柱広告の現場からは以上です。

代理店さん紹介-福岡県・春潮社さん-

電柱広告のキムラです。

 

今回は『代理店さん紹介-福岡県・春潮社さん-』についてのお話です。

 

福岡エリアの電柱広告の代理店さんの紹介です。

f:id:dentyukoukokuman:20190314233651j:plain

先日ご契約を頂いた「てば咲けいすけ様」の案件。

実際に電柱の空き状況・申請の手続き・看板設置作業などご協力頂いた福岡の代理店さんがこちらです。

 

株式会社春潮社さん

https://www.shunchosha.co.jp/

創業86年の広告代理店さんです。

電柱広告・博多駅の交通広告・博多空港内の広告など幅広い媒体を取り扱っています。

 

今回ご担当様が東京出張されるということで、わざわざお立ち寄り頂きました。

 

せっかくの機会なので築地のお寿司を食べながら、情報交換をさせて頂きました。

 

東京と福岡の広告事情や、電柱広告の傾向など大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

 

福岡エリアで電柱広告を含めた広告のご相談は、春潮社さんにご連絡して下さい。

キムラがお世話になっている古賀さんは、迅速かつ丁寧にご対応して頂けます。

f:id:dentyukoukokuman:20190315003435j:plain

 

電柱広告の現場からは以上です。

株式会社ニシノコンサル#25の感想

電柱広告のキムラです。

 

今回は『株式会社ニシノコンサル#25の感想』についてのお話です。

 

老舗の飴屋さんの悩みをどう解決するのか!?

f:id:dentyukoukokuman:20190313215404j:plain

今回のクライアントは岐阜県で飴屋さん営む鵜飼やっこ飴さん。

創業88年の老舗の飴屋さんです。

キムラの会社とほぼ同時期の創業です。

 

ブレインはキングコング西野さんとSHOWROOM前田さんです。

初めて前田さんが眼鏡を掛けての登場です。

 

今回のお悩みは、

「実家の飴屋の売上を上げたい!」です。

「飴」というアイテムをいかに認知させて、売上に結びつけるアイデアが飛び出すのか、興味津々です。

f:id:dentyukoukokuman:20190313222004j:plain

鵜飼やっこ飴本舗さん

初代の頃は年商1億円がありましたが、現在の3代目では年商650万円に落ち込んでしまったとのこと。

売上減少に伴い工場縮小と人員(職人)削減

で、現在の職人はお父様1人だけで作業を続けています。

 

・売上減少の理由

初代の頃はまだ甘味物が普及しておらず、「飴」がとても重宝されていました。

しかし時代の流れの中で様々な甘味物が増えてしまい、需要が減ってしまいました。

 

・対策

法人がメインの販売から、個人向けの販売も検討しましたが上手くいきません。

理由は配送料や手数料です。

商品単価が安い為配送料の方が高くついてしまったり、数量をさばかないと手数料も回収出来ません。

 

・ホームページ

https://ukaiyakkoame.jp/

とてもおしゃれなサイトに仕上がっています。

色鮮やかな飴の特徴も伝わります。

しかし注文までの導線に繋がっていません。

 

以上の現状を踏まえてアドバイスはこちら。

・西野さん

「和」のテイストを前面に出してた方がいい。

具体的にはホテルなど外国人に喜んでもらえる場所。

f:id:dentyukoukokuman:20190313222438j:plain

 

・前田さん

飴をコミュニケーションツールとして活用した方がいい。

例えば飲食店の帰り際に渡すツールや、ブランドショップのVIPルームに置くなど。

f:id:dentyukoukokuman:20190313222802j:plain

 

そして個装対応やオリジナルデザインも対応可能という事で、クラウドファンディングで注文を受け付ける事になりました。

 

シルクハット

https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/653

今後の達成に向けて注目です。

 

電柱広告のキムラが感じた点は3つです。

①商品の強みを再定義する。

「 電柱広告も歴史がある商品です。媒体認知度の高さ、安価な費用、費用対効果などの特徴を強みとして伝える必要があります。

 

②強みが響くターゲットを選定する。

強みが問題解決に結び付きます。

ひとつずつの強みを各ターゲットに伝えていく必要があります。

その上で導入率の高い業種だけではなく、導入率の低い業種にも伝えていく必要があります。

 

クラウドファンディングの使い方。

前提としてクラウドファンディングとは信用をお金に変えるサービスです。

その上で受注や問い合わせの窓口にも活用する事が出来ます。

現在準備を進めている企画があるので、シルクハットで試してみたいと思います。

 

電柱広告の現場からは以上です。

#ニシノクラウン

電柱広告のキムラです。

 

今回は『#ニシノクラウン』についてのお話です。

 

ニシノクラウンから学んだことをまとめます。

f:id:dentyukoukokuman:20190312212458j:plain

昨日発表されたニシノクラウン。

世界のTOYOTAさんと西野さんのコラボが話題になったプロジェクトです。

 

「革新」という共通点で今回のコラボは成立しました。

 f:id:dentyukoukokuman:20190314190041j:plain

キムラは西野亮廣エンタメ研究所メンバー(オンラインサロンメンバー)の為、進捗を見ることが出来ました。

 

今回のプロジェクトで西野さんから学んだことは、「いかに周りを巻き込むか」ということです。

 

サロンメンバーならば、なぜナポレオンデザインになったのか、他にどんなデザインが挙がりボツになったのかを知っています。

西野さんの言葉を借りると、サロンメンバーは「作り手」「共犯者」になっています。

だからこそプロジェクトがスタートするやいなや、「#ニシノクラウン」が広がっています。

 

ちなみにこの「作り手」「共犯者」を増やす動きは、キムラも参考にさせて頂き力を入れている部分です。

 

・お問い合わせ

・お悩みと解決策

・電柱選定

・デザインアンケート

・看板設置

 

以上の流れをストーリーにして、SNSやブログに公開しています。

 

先日の博多のてば咲けいすけ様からこんなお言葉を頂きました。

f:id:dentyukoukokuman:20190313090302j:plain

お客様には伝っています。

あとはどれだけ周りを巻き込んでいけるかです。

 

まだまだ規模は小さいですが、やり続けていきたいと思います。

 

電柱広告の現場からは以上です。

「まんこい川崎さん」と「ごまうふふ大島さん」の存在

電柱広告のキムラです。

 

今回は『「まんこい川崎さん」と「ごまうふふ大島さん」の存在』についてのお話です。

 

刺激をもらっている尊敬するお二人について書きます。

f:id:dentyukoukokuman:20190312182526j:plain

・きっかけ

お二人を知ったのはニシノコンサルです。

最初は視聴者としてお二人の回を見ていました。

川崎さんはひろゆきさんの回として、大島さんは蓋のキーワードの回として鮮明に記憶に残っていました。

 

・最初の印象

川崎さん↓↓↓

ニコニコしていて、優しそうな方。

でも黒糖焼酎飲まない。。

ただキムラの叔父が奄美大島出身で気になる。。。

 

大島さん↓↓↓

物腰柔らかくて、良い人そうな方

でもごまどうふ食べたことない。。

ただお爺ちゃん思いなところが気になる。。。

 

・初対面

初めてお会いしたのは、2018年12月のNORAさんにて行われた美術館決起集会です。

大島さんから声をかけて頂き、川崎さんにレモンサワーを作って頂きました。

f:id:dentyukoukokuman:20190312184102j:plain

大島さんとイベント中ずっと話していました。

あまりに盛り上がったので、高速バスの時間までラーメン食べていました。

川崎さんは終始ドリンク作りでお忙しかったのですが、笑顔で今後も仲良くしようと言って頂けました。

 

・覚悟

お二人を近くで見ていて気が付いた事のひとつに覚悟があります。

どうしてあの熱量を持ち続けられるのか不思議に思っていました。

お二人の頭の中には焼酎作り・ごまどうふ作りを辞める選択肢が無いんです。

常にいかに美味しく作るか、いかに多くの方に知ってもらうかだけを考え続けています。

だから覚悟があるお二人は強い。

 

・柔軟

お二人を近くで見ていて気が付いた事のふたつめに柔軟があります。

物作りの職人は頑固や硬いイメージがあります。

でもお二人はとにかく柔軟なのです。

川崎さんはまんこいを拡まる為に、日本一のレモンサワーを推しています。

大島さんはクラウドファンディングのスタートダッシュの失敗を、リターンを増やし1対1を繰り返し、見事に挽回して達成しました。

お二人にはその時々に周りの意見を受け入れる柔軟さがある。

言い換えれば臨機応変に対応出来るお二人は強い。

 

今ではお二人を一番近くで見る事が出来て、毎日刺激を頂いています。

 

キムラとしてはこれだけGiveされてしまったら、お二人を勝たせるしかないと思っています。

 

今イベントの準備を進めていますが、頭の中ではお二人が圧勝するイメージです。

 

とびきりの恩返しをしたいと思います。

 

電柱広告の現場からは以上です。

お客様事例-福岡県福岡市・てば咲けいすけ様vol.6-

電柱広告のキムラです。

 
今回は『お客様事例-福岡県福岡市・てば咲けいすけ様vol.6-』についてのお話です。
 
博多まで現場確認に行ってきました✈️

f:id:dentyukoukokuman:20190311123240j:plain

てば咲けいすけ様の電柱広告が設置されたので現場確認に行って来ました。

しっかり取り付けて頂いたので問題ありません。

現地の代理店の皆さまありがとうございました。

 

今回の来福の目的です。

1.電柱広告の確認。

2.お客様にご挨拶。

3.手羽先を食べる。

 

てば咲けいすけ様のオープンは17:30です。

開店と同時にお伺いしました。

f:id:dentyukoukokuman:20190311123634j:plain

手羽先の写真が目印です。

f:id:dentyukoukokuman:20190311123725j:plain

どの料理も美味しそう。

f:id:dentyukoukokuman:20190311123851j:plain

名物の手羽先は2種類。

f:id:dentyukoukokuman:20190311123942j:plain

サイズが大きい(笑)

f:id:dentyukoukokuman:20190311124029j:plain

唐揚げも大きい(笑)

f:id:dentyukoukokuman:20190311124115j:plain

カウンターで美味しい手羽先と日本一のレモンサワーを頂きながら、店長と色々なお話が出来ました。

 

Q.なぜ電柱広告を掲出されたのですか?

A.ニシノコンサルが大好きで初回から全部の回を観ていました。その中で電柱広告の回を観て安さに驚きキムラさんに連絡しました。

 

Q.なぜ韓国語のメニュー看板にしたのですか?

A.今福岡はインバウンド効果で特に韓国の方々に人気なのです。新しい層にリーチする為に、思い切ってメニュー看板にしました。

既に実際に何組か看板を見て来店してくれました。

 

Q.実際に設置した感想はいかがですか?

A.思いのほか早く設置されたので驚きました!実はウェブ広告(デジタル広告)に疲れていたので手軽な費用も含めて看板は良いと思います。

 

実際にお会いしてお話を伺い1番嬉しかったことがあります。

それは電柱広告を作っている過程でスタッフの方々・常連のお客様・協力会社さん・同業他社の飲食店さんなども巻き込んで下さったそうです。

1箇所の電柱広告を通して、多くの方々に電柱広告を知って頂く機会になり、こんなに幸せなことはありません。

 

てば咲けいすけ様、これからもよろしくお願い致します。

f:id:dentyukoukokuman:20190311190005j:plain

電柱広告の現場からは以上です。

代理店さん紹介-鹿児島広告社さん-

電柱広告のキムラです。

 

今回は『代理店さん紹介-鹿児島広告社さん-』についてのお話です。

 

鹿児島エリアの電柱広告の代理店さんの紹介です。

f:id:dentyukoukokuman:20190309121521j:plain

 

他の代理店さんを紹介する理由はこちら。

www.dentyukoukokunokimura.com

 

先日まんこいの川崎さんのTwitterにこんな投稿がありました。

f:id:dentyukoukokuman:20190309121651j:plain

ん?川崎さんが電柱広告の投稿??

珍しい、、、。

(画像を拡大、、、)

f:id:dentyukoukokuman:20190309121805j:plain

おお!!

これは奄美大島の電柱広告!!

しかも鹿児島エリアを担当されている代理店さんの看板です!!

シンプルな「電柱広告」デザインがインパクトあります!!

キムラめちゃくちゃ喜びました(笑)

 

鹿児島広告社さん

http://www4.synapse.ne.jp/kago-koukoku/dentyu.html

 電柱広告だけでなく交通広告(電車の広告やバスの広告)など、幅広くお客様のお手伝いをされているようです。

色々な広告媒体を扱われているので、お客様にとっては心強い存在ですね。

 

鹿児島エリアで電柱広告をご検討の際は、鹿児島広告社さんにご連絡をお願いします。

 

電柱広告の現場からは以上です。